明るい部屋は照明機器が決め手!LEDの上手な活用法!

室内環境に適した照明の選び方について

室内照明は使用する照明機器の特徴で明るさや使いやすさが大きく変わります。特に近年になって普及しているLEDは耐用年数の長さと維持コストの安さから人気がありますが、使い方を誤ると従来の照明機器よりも性能が低下してしまうので正しい知識が不可欠です。

LEDは長時間使い続けることを前提に作られているので、頻繁にスイッチを切り替える部屋の照明には適さないことを注意します。住宅ではトイレや浴室など、滞在時間が短い部屋の照明にはLEDは不向きです。また、埃が飛散する汚れた環境でもLEDの性能が低下してしまうので、室内の衛生状態を良好に保つことを心がけます。住宅用のLEDは適切に扱うと従来の照明機器と比べて長く使い続けることが出来るので、必ず説明書を熟読して正しく使うことを心がけます。

住宅用LEDを選ぶ際のポイント

住宅に使うLEDは維持コストの安さ以外に明度の高さも重要な選択肢になります。室内が暗いと雰囲気が陰気になる他、目の疲れにも繋がるので注意が必要です。その一方で明るすぎても居住性が低下するので、それぞれの部屋に適した明度のLEDを選ぶように心がけます。また、住宅用LEDは従来の照明機器設備に転用出来るように接続部分の規格が同一に設計されています。そのため、設定されている明度より明るいLEDも接続出来てしまうので使用場所を間違えないように気を付けることが大切です。ワット数が適していないと過剰に電力を消費する他、LEDの耐久性が落ちてしまうので注意します。

住宅でLEDを照明として使う際は維持コストと居住性の関係を正しく把握するのが長持ちさせる秘訣です。

ledパネルは紫外線を発生させないため、夜間でも虫が集まらずに済みます。また、防水タイプも存在し、雨天時でも安心して使用できます。