ブログの登場が転機に

現在、本格的なホームページ作りにCMSの存在は欠かせないものとなっていますが、昔は個人がそのような便利なものを利用するのは難しい時代がありました。そのため、特に機械が苦手な人は一つずつファイルを手打ちで作り、FTPソフトで一つずつアップロードするような形でホームページを作るしかありませんでした。しかし、手打ちで作ったようなものはデザイン性が極めて低いものにしかならないのが大きな問題でした。しかし、まず2000年代半ばに日記系CMSであるブログというものが登場し、サイドメニューに配置するものや基本的なデザインを自由に選択できるようになったため、誰でも素晴らしいデザインのホームページを作れるようになりました。

インストール不要のクラウド型CMSが低価格化

ブログという日記系CMSの登場により、誰でも素晴らしいデザインのホームページを作れるのが当たり前の時代になったものの、日記系デザインのホームページしか作れないのが問題でした。しかし、以前は5000円以上の月額料金が当たり前だった、インストール不要のクラウド型CMSの低料金化により、また新しい時代が到来しました。近年は、無料ではないものの月額1000円程度の料金でツリー型ホームページも作れるようになりました。そして、ブログにて利用者が簡単に色々なものをカスタマイズできるように、クラウド型CMSはデザインに関する色々な事を簡単操作でカスタマイズできます。そのため機械が苦手な人は、サーバーインストール型のCMSを無理して使って苦労しながらデザインを改良するより、低料金のクラウド型CMSを利用して、デザインに関する事は簡単カスタマイズ機能に頼ってしまうほうがおすすめです。

レスポンシブデザインとは、パソコンやスマートフォンなどのさまざまな種類の機器や画面サイズに応じて、最適な表示内容に変化するよう設定された単一のファイルを制作し送信するウェブデザインの手法の一つです。