ホームページを運用するために必要なレンタルサーバー

レンタルサーバーには種類がいくつかある

レンタルサーバーのなかの一つが共用サーバーです。その名の通り複数の利用者が共用で1台のサーバーを利用します。専門的な知識は必要なく安価で利用できるため、個人ブログや小規模な企業サイトなどに最適です。続いて、専用サーバーは、1台のサーバーを1人の利用者が使います。サーバーのリソースを多く使えるため、アクセスが集中するような大規模なサイトに向いていますが、サーバーの運用には専門的な知識が必要になります。共用サーバーと専用サーバーの中間に位置しているのがVPSです。VPS(Virtual Private Server)は仮想専用サーバーと訳され、1台のマシンのなかに複数の仮想サーバー領域を確保し、それを利用者に割り当てて使用してもらうサーバーです。共用サーバーより自由度は高く、専用サーバーのような機能を利用できます。そのほかにも、インターネット経由で利用できるクラウドサーバーなどもあります。

レンタルサーバーの機能に注目する

レンタルサーバーの機能のなかで重要なものの一つがネットワーク回線です。回線容量をオーバーしてしまうと、ユーザーはサイトを見られなくなってしまうため、自分のホームページの転送データ量に合ったものを選ぶことが重要です。また、共用サーバーでは特に、サーバーに負担がかかりすぎないように、ユーザーの同時アクセス数が制限されています。決められた同時アクセス数を超えるとサイトの閲覧が制限されるので、自分のホームページの規模に合った選択をしましょう。そのほかにも、CPUやメモリなどマシン自体のスペックや、サポート体制、オプション機能など様々な要素があるので、総合的に判断することが大切です。

レンタルサーバーと契約して自分が詳しい分野に関するノウハウ系サイトを開設し、休日や夜間に副業として運営を頑張った場合、広告収入で儲けられる可能性があります。