ECサイト運営に役立つ!通販システムのパッケージを選ぶときのポイント

在庫管理が複数のサイトで行えるか

通販システムのパッケージは、ECサイト運営をさまざまな面からサポートしてくれます。複数のサイトで在庫管理できれば、価格変更や割引設定も簡単に行えて便利です。プロモーションを一元管理することによって、売上にもつながりやすくなります。

出荷業務におけるデータ連携

商品の出荷業務では、配送業者とのデータ連携が重要になってきます。配送状況の確認はもちろん、流通加工の多様化に対応できるシステムが望ましいです。実績の取り込みや返品の着荷など、運用しやすいパッケージかチェックしておきましょう。

売上集計やポイントなどの決済処理

代引きや後払いといった入金データは、決済手段によって必要な作業も変わってきます。売上集計やポイントの加算といった決済処理は、思った以上に時間のかかる作業です。自社の請求業務に合った機能があれば、必要な情報もすぐに取り出せるでしょう。

販促機能が充実しているか

在庫数によってアイコンを切り替えられるなど、視覚的な通知は管理にも役立ちます。会員情報から商品を推薦したり、ランクに応じてサービスを提供するのも良い戦略です。販促機能が充実していればサイトも大きく展開しやすくなります。実績のあるシステムは複雑なプロモーションにも対応できるのが強みです。属性や購買履歴からターゲットを分析し、顧客のニーズに合った情報を届けられます。機能は一つのパッケージとして組み込まれており、オプションを契約する必要もありません。通販業務が円滑になるため、新たな事業にも進出しやすくなるでしょう。

通販システムのパッケージとは、受注・入金・仕入・支払・在庫や顧客の管理などを一括して請け負うサービスです。販促、分析、コールセンター業務まで提供されるものもあり、コストに応じて部分的な導入も可能です。