ホームページは作るのはそんなに難しいのか

ネットでは魅力あるページも見られます

ホームページを作るきっかけになるのは、例えばネットを見ていて素晴らしいページに出会った時とか、何か趣味やビジネスで生かすことは出来ないかと考える場合が多いようです。

難しい言語を覚えなくても可能です

ホームページを作るにはHTMLとかCSS、javascriptなど難しい言語を覚えなければできないと考えがちですが、実はフリーや市販のソフトを使うと簡単に出来上がってしまうものです。それには作る目的やどういう人を対象にするのかを決める必要があります。

人々が訪れる最初のホームと呼ばれるページ

メモ用紙などでホームとなるページを決めて、そこからリンクボタンやテキストリンクを使って目的のページへ飛ぶようにリンクを貼り、そのページ分作成することになります。
最初のページは顔になる部分で、構成やメニュー、リンクボタン、テキスト、イラスト、写真の配分等をバランスよく配置し色彩にも注意して魅力的なものを作成します。

コンテンツ内容はアクセス数にも関係し重要なものです

ページは第二階層までにして余り深くしないように注意します。コンテンツ内容は目的によって作成し、場合によっては申し込みボタンや問い合わせフォームの欄も設ける場合もあります。ページが多くなると現在位置を知るためにサイトマップを作成し、最下欄には著作権表示を記載し、ホームへ戻れるようなリンクも貼っておきます。

サーバーへアップロードし、サイト登録も行います

1通り完了したらリンクが正常に機能するか、あるいは各種のブラウザや携帯端末でも表示されるかチェックを行います。サーバーにアップロードして不具合がないか検査し、それからサイト登録を行いそれ以降は適当な頻度でページの更新を行って行きます。

ホームページ制作では、いつまでにどの程度のホームページを完成させるのかといった点から逆算して計画を立てると、作業が明確になります。