ウェブ制作で重要なのは?ウェブ制作の基礎知識

ウェブ制作の基本業務とは!

ウェブ制作とはその名の通り、ウェブ(ホームページ)を作ることを言います。ウェブ制作の業務内容とは大きく分けて、「デザイン」「コーティング」「プログラミング」「ライター」「マーケティング」に分けられます。「デザイン」はホームページのデザインを形作ることで、「コーティング」は、実際にホームページとして作りこんでいくこと。「プログラミング」は動的な動作(CMSやメールフォームなど)をするときに必要で、「ライター」はウェブサイトに掲載する記事を作成します。「マーケティング」はウェブサイトのアクセスを上げて、売り上げを伸ばすために広告やSNS等を使って行う業務のことを言います。

知識の幅は広く持ったほうがいい

今後ウェブ制作で仕事に就きたいと思っているなら、上記で説明した「デザイン」「コーティング」「プログラミング」「ライター」「マーケティング」などの知識を幅広く持っておくことが重要になります。制作会社によって違いはありますが、一人で複数の業務をこなさなければいけないことが多くいため、デザインができてコーティングもできる上に、マーケティングもこなせるとなると、制作会社側も重宝します。そのため一度自分一人でウェブサイトを完成させてみるのが良いでしょう。何故ならそれがスキルシートとして制作会社に提示することができるし、今後一人で独立する場合も、制作事例として紹介することができるからです。ウェブ制作の仕事はどんどんシビアになっています。そのため幅広く知識を吸収することが今後のウェブ制作において必要です。

コーディングは専門知識が必要な為、ウェブサイトの制作を行う業者でも専門性と作業効率を考えて、専門の業者に外注するケースが多くなっています。